メインイメージ

どうやって作られる

ローヤルゼリー愛好家の皆さんにも意外と知られていないのが、ローヤルゼリーの生成方法です。
もちろん、蜜蜂が作っているということはご存知の方も多いでしょう。
では蜜蜂がどのようにこの奇跡の成分を生み出しているのか、細かくご説明しましょう。

まず、ローヤルゼリーの原料は花粉がメインです。
花粉や自らの生成した蜂蜜を一旦咀嚼しています。
その後、喉の部分から分泌しているのです。
花粉や蜂蜜が原料ではあるのですが、一度蜜蜂の体内に入ることで成分が分解され、特殊な脂肪酸であるデセン酸などに形を変えます
その後、女王バチが食すことが出来るように王台と呼ばれる場所に成分を蓄積していくのです。
人間の口に入るように収穫しているものは、この王台を収穫しやすい形に加工しています。

蜜蜂の生態は非常に特殊です。
巣、1つに付き産卵が出来る女王バチは1匹しかいません。
後の大量にいる蜜蜂たちは全て働きバチです、女王バチは1度に数千近い産卵を行います。
そのため一匹だけ大きく、身体が特殊なつくりになっているのです。
ここまで聞くと女王バチは先天的に優れた肉体を持ち合わせているように感じますが、それは違います。
女王バチは幼虫の段階では普通の働きバチと形や姿は変わりません。
女王バチが死んでしまうと巣が途絶えることになるので、幼虫にこのローヤルゼリーを食させることで成虫になるとおきに女王バチに変化するのです。
つまり、生まれてきた幼虫はこの成分を食べるか否かでしか女王バチになるかならないかの差は無いのです。

このように自分たちで生み出した栄養素を糧に、誰しもが巣を営む強靭な身体を作ることが出来る生態です。
このような生態は他にないと言われており、如何にローヤルゼリーが素晴らしい成分か理解していただけるでしょう。
古代から命のバトンとして存在してきた奇跡の成分は、人間にも健康面で大いに役立ちます。
今こそ摂取を始め、蜜蜂のパワーが濃縮された滋養強壮を手に入れませんか。
是非この機会にローヤルゼリーで健康生活をスタートさせませんか。

トップに戻る