メインイメージ

ローヤルゼリー摂取の注意点

とても栄養価が高いことから有効な素材として人気があるローヤルゼリーですが,摂取する上で様々な注意が必要になります。
ローヤルゼリーを摂取する上での注意点を紹介します。

まず,摂取できる年齢ですが,1歳未満の赤ちゃんはもちろんのこと,6歳未満の幼児も摂取をしないほうが良いでしょう。
蜂蜜が1歳未満の赤ちゃんに摂取しないほうがいいというのは知られている情報かと思いますが,それは,腸内環境がまだ未熟であるために,蜂蜜に含まれるボツリヌス菌が食中毒のような症状や,悪化すれば呼吸困難を引き起こすためです。

ローヤルゼリーにもボツリヌス菌が含まれており,また,非常に強い効果を表しますので,やはり幼児は摂取をしないほうが良いでしょう。
また,妊婦さんも気をつけたほうが良いとされていますが,妊娠中はホルモンバランスが変化しやすくデリケートなからだになっていますから,どうしても摂取したいという場合は医師に相談をしてからにするようにしましょう。

そして,ローヤルゼリーは医薬品ではなく食品であるものの,やはり刺激が強い食品なので,アレルギー体質やアトピー性皮膚炎などがある方はアレルギー反応がでてしまうおそれもあるので控えたほうが良さそうですが,それでも飲みたいという場合は,医師に相談をしてからにしましょう。

ローヤルゼリーを食べてみたものの口当たりが悪く飲みにくいというときに,お水やお茶を飲みたくなることでしょう。
しかし,お茶は,お茶に含まれているタンニンはローヤルゼリーと相性が悪く,鉄分が豊富なローヤルゼリーの効果が薄れてしまうというせっかく摂取しても意味がなくなってしまいますので口直しになにかを飲む場合は,やはり水が一番ですね。

トップに戻る