メインイメージ

外国産のローヤルゼリー

皆さんは既にローヤルゼリーを愛用していますか。
すでに愛用している方は、是非お手元にある製品の産地を確認してみてください。
国産か外国産かが一目でわかるはずです。
市場に流通しているローヤルゼリーの全てが国内産ではありません。
外国産の製品も多く販売されています。
もちろん、安全性は確保されていますから心配は不要です。
ではどうして外国産の製品も多いのでしょうか。

日本は四季に恵まれた穏やかな地域ではありますが、全国的に見ると北と南では寒暖の差が激しい国です。
北海道と沖縄では気候が全く異なります。
それに伴い自生している植物や昆虫類も大きく異なっているのです。
そのため、安定して蜜蜂を飼育しローヤルゼリーを生産できるエリアは限られています。
また、広大な養蜂場もそこまで多くあるわけではありません。
豊かな自然がある国ですが、そこまでの場所を確保できるわけではないのです。
そして何よりも、ローヤルゼリーは非常に人気が高まっています。
需要が年々拡大しているので、輸入製品に頼らざるを得ないのが実情です。

では、一体どの国から輸入しているのでしょうか。
国内市場で広く流通しているのは「中国産」です。
中国では古代から養蜂が盛んなため、ローヤルゼリーを安定して収穫できる環境があります。
漢方に蜜蜂を使用しているため、生活の身近に蜜蜂の存在があるのです。
そのため現在でも安定した蜂の飼育環境が広がっており、原料として中国から多くのローヤルゼリーを輸入しています。
しかし、湯縫うには時間が掛かるため、市販されている生タイプのものは国内産がメインです。
生タイプは収穫後速やかに出荷され、すぐに使用することが望ましいからです。
輸入されている製品はコストダウンを実現している製品が多く、価格も優しい設定になっています。
まずは手頃な価格の製品から初めてみたい方は、外国産のものから始めてみてはいかがでしょうか。
製品選びに迷ったら、継続のし易さが大切ですので価格も一つの判断材料です。

トップに戻る