メインイメージ

大人一日の摂取目安量は?

どのような健康成分でも、過剰摂取は禁物です。
過剰に摂取してしまうと身体に負担になる成分もありますし、吸収されず尿などに排出されてしまう成分もあります。
乳酸菌のような成分ですと、大量に摂取するとおなかが緩くなることもあります。
どんな健康成分も適度な摂取が大切です。
そして適度な摂取はローヤルゼリーにも言えることです。
ローヤルゼリーにはカルシウムやたんぱく質など魅力的な健康成分が濃縮されており、少しの摂取量で健康への効果があると研究でわかっています。
近年ではがん予防にも効果があると知られており、インフルエンザ予防に効果のあるプロポリスとの併用も薦められています。
蜜蜂由来の健康成分は、更年期障害の改善にも効果があるとされ、現在とても注目されているのです。
このような健康成分はなかなか市販されておらず、医師の処方も不要なうえドラッグストアなどで手軽に購入できるので人気が高まっています。

では、大人の場合はどの程度が一日当たりの摂取目安になるのでしょうか。
摂取の目安は各製品によっても異なりますが、少なくて500mg程度、多くて2000mg~3000mg程度とされています。
しかしこれはあくまでも目安ですから、もしも少ない量でもアレルギー症状などを感じる場合には量を減らしたり、摂取を控えたりしましょう。
製品パッケージには、「1日当たり2錠」などの飲む目安がきちんと記載されています。
摂取の際にはこうした基準を守りましょう。
大量摂取は乳酸菌同様にお腹が緩む可能性を否定できません。

健康成分と上手に付き合っていくには、大量摂取を行わずに適量を毎日続けていくことが大切です。
効果はじわじわと体内に浸透していくものですから、焦らずにのんびりと続けていきましょう。
また、すぐに効果の実感が伴わないことが大半です。
即効性はないので、諦めないことが肝心です。
がんの予防効果も期待できると言われており、毎日欠かさずに飲んでいくことが明るい未来への懸け橋となるでしょう。

トップに戻る