メインイメージ

ローヤルゼリーの養蜂場

ローヤルゼリーはどのように生産されているかご存知でしょうか。
21世紀に入り、こんなにも科学が発達している時代ですが、人工的にローヤルゼリーを生成することはできません。
あくまでも、必要な原料を蜜蜂が一度体内に入れることで生成が出来るのです。
特にデセン酸は蜜蜂の体内で花粉類が分解されるときに生成される特殊な脂肪酸のため、貴重な成分として世界中で知られています。

デリケートな成分のため、養蜂場での厳重な衛生管理の元で生成される必要があります。
日本国内でも生産が盛んになっており、養蜂場からの製品の出荷を行っているメーカーも多く存在します。
中でもある国内の養蜂場の場合、成分を酵素分解することで人間の体内に吸収しやすくしています
さらに、タンパク質は時々人に重篤なアレルギーの症状を招きます。
卵や魚卵など、様々な種類のタンパク質が原因となりますが、ローヤルゼリーにも何種類かのタンパク質が入っています。
そこで、酵素分解を行うことでアレルギーの発症リスクを低下させ、過剰な免疫反応を起こさないようにできるのです。
タンパク質以外でも、ローヤルゼリーの原料となる花粉は時にヒトにアレルギー反応を引き起こしますが、酵素分解されることで体内に吸収しやすくなり、花粉によるアレルギーの発症リスクも低下させます。

養蜂場は単なる蜂を飼育している場所だけではなく、ヒトへの吸収などを分析し、更なる吸収度を高めることが出来るように研究を行う場所になっています。
現在使用しているローヤルゼリーの製品に満足しないようでしたら、是非養蜂場から直接出荷されている製品に切り替えてみましょう。
また、飲み合わせが良いとされている「ハチミツ」や「プロポリス」などの製品も販売している養蜂場がほとんどです。
高品質なものが多いので、ローヤルゼリーのクセのある味わいが苦手という方は是非飲み合わせ用に、ハチミツなどを購入してみてはいかがでしょうか。
クセが抑えられ、続けやすくなります。

トップに戻る