メインイメージ

ローヤルゼリーと男性の更年期障害の関係性

身体に良い、美容やアンチエイジングが期待出来るなど様々な優れた効果が発表されている「ローヤルゼリー」ですが、効果が幅広い為いったい何に効果が高いの理解できない方も少なくありません。
一見女性中心のサプリメントのイメージがあると思いますが、実は男性にも効果的なのです。

そこで今回はローヤルゼリーの成分の中でも「デセン酸」という成分と男性ホルモンについて解説していきます。
このデセン酸は唯一ローヤルゼリーにのみ含まれている貴重な成分でヒトの身体に摂り込まれることで多くの効果をもたらしてくれます。

その一つにホルモンバランスを整えてくれる効果が期待されています。
女性ホルモンはエストロゲン、男性ホルモンはテストステロンです。
この2つのホルモンは女性には女性らしいメリハリのあるボディライン、男性は筋肉の発達を促し脂肪を減らし男性らしいボディラインへと導くホルモンです。
これらホルモンは、加齢とともに減少します。

加齢による原因で生成されてなくなったホルモンが再び分泌されることはないため外から補う必要があります。
その一つとしてローヤルゼリーに含まれるデセン酸はエストロゲンと似た働きを行う「植物性エストロゲン」が含まれています。
この成分は女性だけではなく男性にも作用します。
男性の自律神経に働きかけ男性ホルモンの乱れを整える作用が期待されています。

そして女性が中心と思われがちの「更年期障害」はじつは男性も発症します。
これもすべて男性ホルモン、テストステロンの減少から来るのです。
男性の更年期障害を「LOH症候群」といわれ、やる気の減退や筋肉痛、心筋梗塞、脳梗塞のリスクなど様々な危険因子が影響してきます。
とくに男性の場合は精神的に大きな影響を及ぼすことが特徴的です。
そのため自立神経に働きかけるローヤルゼリーは精神を安定させストレスを軽減させる効果があるのです。

トップに戻る