メインイメージ

消費期限てどのくらい

ローヤルゼリーは現在様々な製品が販売されています。
コスメに配合されているものもありますし、シャンプーなどのトイレタリー製品に含まれているものもあります。
そして、生の状態で販売されているものもあります。
ではこのローヤルゼリーには、消費期限はあるのでしょうか。
特に効果が高いとされる生のタイプですと、消費期限が設定されています。
生のタイプで販売されているものを参照にすると、大体半月程度が目安です。
早ければ早いほど効果が高いので、生のものを使用される場合はなるべく早めに使用しましょう。
そして、使い切ることが肝心です。
サプリメントに加工されているものですと消費期限は生よりは長く、半年から1年に設定されています。
しかし、生タイプに比べると純度は下がるので、より高い効果を使いたい方は注意しましょう。

ややとろみのある成分でもあるローヤルゼリーは、豊富な栄養素が入っていることが知られています。
ミツバチが作る成分の代表格にはハチミツがありますが、ハチミツに比べても栄養素は高く、40種類に上る栄養素が濃縮されています。
これは女王バチの貴重な食料として生成されているためです。
そのためアミノ酸など身体を構成する栄養素がたっぷりと入っており、人間の身体にも高い栄養効果をもたらしてくれます。
特に注目すべきは「デセン酸」です。
女性ホルモンに似た働きをすることが知られている脂肪酸の一種で、更年期障害の緩和にも役立っています。
また、血中のコレステロールの濃度を低下させることができるので、中年層の健康維持にも役立ちます。
このように様々な効果が期待できるうえ、なんとアミノ酸も20種類以上含まれています。
そのため脂肪の燃焼や筋肉の増強にも役立ちます。
もちろん男女問わずに愛用することが出来ますので、家族みんなでローヤルゼリーの摂取がおすすめです。
消費期限を十分に守り、安心の自然派成分を継続的に摂取していきましょう。
きっと身体がメキメキと健康に導かれます。

トップに戻る