メインイメージ

骨粗しょう症の原因について

骨は生まれ変わっています。

骨に蓄えているカルシウムを少しずつ出して体で消費し、食物から得たカルシウムを新たに補っています。
カルシウムを骨に補う役割をしているのが、女性ホルモンの一種、エストロゲンです。
女性ホルモンは、加齢や閉経、ダイエットなどで少なくなっていきます。
年齢と共に減ってゆく女性ホルモンは補給できないのでしょうか。

中高年女性の強い味方、ローヤルゼリーなら、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きを持っている上に、骨密度の減少を抑えることで、骨粗しょう症を予防する効果が期待できます。

さらにローヤルゼリーによって、ホルモンバランスを整え、更年期障害の症状や、肩こりや首筋のはりを緩和するメカニズムも解明されました。
骨粗しょう症になるとちょっとしたことで骨折しやすくなります。
高齢の場合、骨折することで体の自由が利かなくなって、そのまま寝たきりになる場合があります。
ローヤルゼリーは長く飲用することで、筋肉の量が増えてゆき骨折しにくくなる効果が期待できます。
ローヤルゼリーを毎日続けるには、サプリメントがいいでしょう。
せっかく食物からとったカルシウムですが、加齢によって腸からの吸収が悪くなるのも、骨粗しょう症の原因の一つです。

予防するには、積極的に食品からカルシウムも補給する必要があります。
チーズや、牛乳、アイス、小魚、魚の干物もいいでしょう。
運動不足も原因の一つになるので、無理しない程度に階段を使い、日中の散歩を楽しみましょう。

トップに戻る